髪の栄養と食事

髪ケアの栄養メチオニンメチオニンを多く含む食べ物

髪の素になる物質メチオニンは、人が体内でつくりだせない必須アミノ酸です。
食べ物から摂取しましょう。

メチオニンは硫黄を含んだアミノ酸で、血液中のコレステロース値を下げ、
活性酸素を取り除く作用もあります。

このメチオニンは豆類、果物、野菜、牛肉、鶏肉、魚肉など多くの食物に含まれます。
特には、ほうれん草、グリンピース、ニンニク、トウモロコシ、インゲン豆、豆腐
豊富に含みます。



髪ケアの栄養亜鉛亜鉛を多く含む食べ物

毛髪の主成分ケラチンの合成に亜鉛が使われます。
生命維持や男性ホルモン生成などに使われた後に髪の毛の組成に使われます。足りないと髪の組成に回されません。

しかし、過剰摂取にも注意が必要な成分です。成人男性1日9mg、女性7mg、
上限30mgが目安です。生かき100gに約13mg含まれています。

亜鉛が多く含まれる食品は、
牛もも肉、豚レバー、うなぎ、いわし、カキ、納豆、アーモンド、海藻です。



髪ケアの栄養B2ビタミンB群を多く含む食べ物

体の細胞の代謝を促進させます。頭髪に関しては毛母細胞の細胞分裂を活性化させます。

脂っぽい頭皮の方は、特に意識すると良い成分です。
それは、ビタミンB2とB6は皮脂の分泌を抑制して、皮膚の新陳代謝を促進させる
作用があるからです。

ビタミンB群が多く含まれる食品は、
緑黄色野菜、レバー、卵、大豆、乳製品、カツオ、イワシ、サバ、マグロです。